神聖巫連盟 : 国内業務用掲示板

国内業務の相談などを行うための掲示板です
添付可能なファイル拡張子:gif, jpg, png, txt, htm, lzh, zip, csv, xls
一部の文字(丸囲み数字、ローマ数字など)は表示できない環境もあるため、自動的に修正がかかります。

連絡事項は下に移動しました。
その他の掲示板
  新規投稿 ┃ツリー形式 ┃スレッド形式 ┃一覧表示 ┃トピック形式 ┃記事検索 ┃表示設定 ┃過去ログ ┃藩国トップ  
35 / 41 ツリー    ←次へ | 前へ→

5つの通常枠の使い方 藻女 09/1/13(火) 0:00

文(修正)  安部清明(ACE)  要点追加分 みぽ 09/2/8(日) 22:53
対策?:桃並木(誤字修正) 谷坂 少年@わかば 09/2/13(金) 0:02

文(修正)  安部清明(ACE)  要点追加分
 みぽ  - 09/2/8(日) 22:53 -
#カマキリのこと少し修正。(利用しようとしたのでなく「悪さもした」)
#もう少し表現穏やかなほうがいいでしょうかね?


>t:要点 = アイシャドウ,白くて指,白いサマーセーター
>


神聖巫連盟政庁では緊急会議がとりおこなわれていた。
議題は「国防について」。


皆、さすがに苦しい顔をしている。
クーリンガンからの襲撃、セプテントリオンとクーリンガンが手を結んだという状況。そして、国防対策の要として「安倍晴明」の協力を得ようとしたのだが…。


「まさかここを突かれるとは思いませんでしたね」
みぽりんの静かな怒りの言葉に、一同苦い表情で同意する。
サマーセーター。白くて長い指。そしてアイシャドウ。
まるでサマーセーターが死に装束にみえるなとみぽりんは思った。
見事に死に化粧までほどこされている。
クーリンガンの分身がサマーセーターを着ているのには、着ないといけない理由があるのかもしれないとふと思う。しかけを壊せば、不死者でなくなるか?
そしてセプテントリオン。
セプテントリオンの悪行は全世界に及んでいる。
とうとう神聖巫連盟まで手が伸びたかと思うと怒りがこみあげてくる。
神聖巫連盟はたくさんの国民を受け入れてきた。
命からがらやっと生きてきた国民たちに手を出すのはゆるさない。


「対策は振り出しに戻ったというところでしょうか」
信乃が現状を軽くまとめる。
「安倍晴明殿がクーリンガンであると考えるより、なんらかの干渉があって、晴明殿のかわりにクーリンガンが出たと考えるべきでしょうね。」
「ええ。そのとおりです」
藻女藩王が同意する。
「ここで得られる情報は今後の対策の手がかりになりますね。ただし、今後出てくる情報に踊らされてはいけない、ということでしょうが」
藩国ACEに関してはわかる情報量が増える。
しかし召喚システムが相手の手にある以上、油断は禁物。
暗にほのめかして信乃が言った。
「相手の能力に不明な点があるから“不意打ち”と思うのです。思考や策略が読めるようになれば、それは“不意打ち”でなくなる。逆にこちらの手のうえで転がすこともできるかもしれない」
「対策が立てられれば、被害も違ってきますよね。T14ではクーリンガンは手が出せないですし。今のうちになんとかしましょう」
ミツキの言葉に信乃がうなづく。
「akiharu国の例もあります。信頼を植えつけて、しっかり悪さもする。心ひかれて手を貸したのかもしれない。でも、そこを裏切るようなまねをしているやつです。」
摂政の言葉にみぽりんがうなづく。
カマキリを助けたのは善行であろう。しかしそんな彼らの国でも悪さをしたのが許せない。国の危機と国民の危機は連動してしまうから。
「同じようなことを神聖巫連盟でされても困りますからね。動きは常に把握しておきましょう」
藩王の言葉に皆、同意する。
「チャールズ・ロバーツさんや、ヴァンシスカにこのことを伝える必要はあると思います。決して思うとおりにはさせません」
雹はヴァンシスカを思いながら言った。
大事なものを傷つけたクーリンガンは泣かす。
そう決めていた。


会議を悲しそうに見つめるのは一人の国民。
クーリンガンに惹かれているがゆえに苦しんでいた。
「あのね、辛いことを言うようですが」
みぽりんが様子をみて話しかける。
「悪いことは悪いんですよ。あの人のすべての部分が悪人とは言えないかもしれない。何か目的があるのかもしれない。でも、現実。あの人の行動で多くの人が死に、傷ついています。そのことに目を向けないといけないと思うです」
言葉を選びながら、みぽりんは続ける。
他国で、知らずにセプテントリオンに利用され、ゲートトレーサーを宰相府に持ち込んでしまった人がいる。
その悲しみを知るからこそ、言わないといけない言葉がある。
「ヘタをすると利用されます。それは神聖巫連盟の皆、同じと思うのです。その部分はきもに命じて動きましょう。みぽも自分に気をつけるです」
「そうだね。みんな気をつけないといけなくなるでしょう。幸い、T14ではクーリンガンは動けません。今あがった対策を含め、できることはたくさんあると思います。皆でこの危機を乗り越えましょう」
藩王の言葉に一同同意した。


過去を許すことと、悪い行動すべてを黙認するのは違うことである。
神聖巫連盟の願いは、皆の笑顔。

笑顔を守るために、一丸となって動き出した。

引用なし

パスワード


<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; msn...@p4010-ipbfp2104tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

対策?:桃並木(誤字修正)
 谷坂 少年@わかば  - 09/2/13(金) 0:02 -
>「そうだね。みんな気をつけないといけなくなるでしょう。幸い、T14ではクーリンガンは動けません。今あがった対策を含め、できることはたくさんあると思います。皆でこの危機を乗り越えましょう」
>藩王の言葉に一同同意した。

しょっぱい内容で申し訳ありませんが、とりあえず対策を考えてみました。
内容(なんか自分が出張っててすみません)が駄目でしたら、お手数ですがご連絡ください。追々修正していきます。


文:桃並木

桃には邪気を祓う力がある、という話を聞く。
神聖巫連盟、入国審査所には桃並木が植えられていた。
それ以外には結界付近や公共施設、何かと人の出入りが多い所に桃並木は点々と存在している。近頃、色々とあるので魔よけに植えられているのだ。
国民の谷坂も、植木屋と一緒になって、スコップ片手に地面をぺしぺししていた。
―これで晴明さんが何もせずに、何もされずに帰ってしまえば、誰も傷つかなくていいのに。
あまり地面を叩きすぎてもなんだ。そう思って顔を上げると、小学生たちがこちらを見ていた。
「なに植えてんの」
「もも」
わー、と歓声が上がった。
そういえば藩王様が、町内会が管理して、小学校の行事で桃狩りをするって言ってたっけ。
「実がなったら食べてもいいよ」
子供たちの目が、日を受けてきらきらと輝いた。わー、わー、とまた騒ぎ出す。
来年には、きちんと花も咲かすだろう。桃栗三年、柿八年。実がなったらみんなで桃狩りをしよう。
そうしたら観光地にもなるだろうし、なんだったら桃まんじゅうでも作って売り出せばいい。

ここは心底いい国です。谷坂は誰にでもなく言いたくなった。
折れないように丁寧に苗木を運ぶ。言う代わりに植え続ける事にした。
そうと決まれば嫌がらせしかないだろう、こんちくしょうめ。

なんだか楽しくなってきたので、笑った。

引用なし

パスワード


<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB5; .NET CLR 1.1.4322)@KD121111018056.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

35 / 41 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー形式 ┃スレッド形式 ┃一覧表示 ┃トピック形式 ┃記事検索 ┃表示設定 ┃過去ログ ┃藩国トップ  
 40,768
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6
連絡事項