神聖巫連盟 : 雑談用

国内業務用のほうではしづらい軽い話題などはこちらでどうぞ。 添付可能なファイル拡張子:gif, jpg, png, txt, htm, lzh, zip, csv, xls

各種連絡事項は下に表示しています。
他の掲示板
1 / 24 ツリー    前へ→

藻女のツリー 藻女@神聖巫連盟 10/6/29(火) 0:17

紹介文仮 藻女 17/6/26(月) 0:51
藩国紹介案 藻女 17/6/26(月) 21:19
王犬 藻女 17/7/6(木) 18:51

紹介文仮
 藻女  - 17/6/26(月) 0:51 -
私の国は神聖巫連盟という宗教国家です。
小国ゆえ狭い範囲をしっかり守ろうという思いから小国でも成立しうるという事で宗教国家の道を選びました。
ただし、当初から国として宗教以外に大事にしている事が一つあります。
それが子どもで、最初に国を興した時点で保育園の存在を記載するなど子どもに対しては特に優遇してきました。
児童養護施設、いわゆる孤児院を用意して支援に力を入れて子どもを捨てる親が増えた事すらあるほどです。
その他にも教育に関わるものとしては小学校を作ったり、保育士のアイドレスを入手し、犬士達に教育施設で働いてもらったりしました。
また、漢方医という東洋医学を用いた医者も作ったのですが、教育施設や交番などに配置する全ての犬士に着用してもらい、何かあった時に備えました。
この各地に医者を配置するというのも犠牲を少しでも減らすために行ったものです。
教育に力を入れてきた中で忘れてはならないのがボールズの存在です。
ボールズというのは絢爛舞踏祭という高物理の世界の住人です。
その上TLOと呼ばわれる扱いが難しい存在です。
その事もあって私の以後保育園を所得した国はボールズが出てこないように対策をしました。
だから個人のアイドレスによってボールズが登場する以外は低物理国家の巫だけにボールズが暮らすようになっています。
低物理と高物理を混ぜるのは危険ですし、TLOが存在するというのもさらに危険ではあります。
ただボールズというのは人類が生んだ新たな種族。つまりは人類の子どもたちです。
そんな彼らを、しかも他に行き場がないのに見捨てるような事は決してしてはいけないと今でも彼らと共に暮らしています。
彼らの得意な事をさせるとTLOとしての能力を発揮させてしまうのでそんな事を気にせず出来る事を模索中です。

次に宗教に関してですが、建国時点で神社とお寺を融合させてしまったくらいで信仰を大切にしてはいますが、特定の宗派のみを推しているわけではありません。
とはいえ当初は神々も見えなくて、推しているといっても神社やお寺がある以上の事はありませんでした。
式神使いを所得して式神は見えるようになっても式神使いを戦闘で使う機会はなかったので大きな変化はなかったです。
それが変わったのは建築家を所得した辺りの事です。
建築家というのは理力使いという詠唱により攻撃する戦闘用アイドレスの派生の理力建築士をAD枠という特別なアイドレスが手に入るかもしれないという枠で伸ばした時に手に入れたアイドレスです。
能力も巫のアイドレスにしては優秀でしたが、なによりも建築能力を持っていた事です。
この能力を駆使し、電電宮や太子堂、神農神社などいくつものの神社や寺を作りました。
その中にはヴァンシスカの悪魔に関係する悪魔を祀った悪魔もいます。
108柱の悪魔のアイドレスを所得した時、都市計画も所得していた事もあり、結界で封じていましたが建築家のおかげで封じるよりも祀る事で敵意を向けあうのではなくお互いに尊重しあえる関係をと神社を作って祀り、少しずつ仲も改善していきました。
他にも敵対ACEであるクーリンガンとも仲良くしていこうとプレゼントを贈るという事もしましたが結局は神社を用意して祀る事で関係を改善しようとしました。
また犬士達のための種族アイドレスも狛犬と宗教色の強いものです。
こうして信仰を重んじていたためか、キャスリングによってたどり着いたB世界の巫では国民が神々となっていました。
食料不足に対応するためという事ですが、適応の仕方が他とは少し違っていました。
引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.109 Safari/537.36@59-190-6-141f1.osk2.eonet.ne.jp>
・ツリー全体表示

藩国紹介案
 藻女  - 17/6/26(月) 21:19 -
私の国は神聖巫連盟という宗教国家です。
小国ゆえ狭い範囲をしっかり守ろうという思いから小国でも成立しうるという事で宗教国家の道を選びました。
ただし、当初から国として宗教以外に大事にしている事が一つあります。
それが子どもで、最初に国を興した時点で保育園の存在を記載するなど子どもに対しては特に優遇してきました。
児童養護施設、いわゆる孤児院を用意して支援に力を入れて子どもを捨てる親が増えた事すらあるほどです。
その他にも教育に関わるものとしては小学校を作ったり、保育士のアイドレスを入手し、犬士達に教育施設で働いてもらったりしました。
また、漢方医という東洋医学を用いた医者も作ったのですが、教育施設や交番などに配置する全ての犬士に着用してもらい、何かあった時に備えました。
この各地に医者を配置するというのも犠牲を少しでも減らすために行ったものです。
教育に力を入れてきた中で忘れてはならないのがボールズの存在です。
ボールズというのは絢爛舞踏祭という高物理の世界の住人です。
その上TLOと呼ばわれる扱いが難しい存在です。
その事もあって私の以後保育園を所得した国はボールズが出てこないように対策をしました。
だから個人のアイドレスによってボールズが登場する以外は低物理国家の巫だけにボールズが暮らすようになっています。
低物理と高物理を混ぜるのは危険ですし、TLOが存在するというのもさらに危険ではあります。
ただボールズというのは人類が生んだ新たな種族。つまりは人類の子どもたちです。
そんな彼らを、しかも他に行き場がないのに見捨てるような事は決してしてはいけないと今でも彼らと共に暮らしています。
彼らの得意な事をさせるとTLOとしての能力を発揮させてしまうのでそんな事を気にせず出来る事を模索中です。

次に宗教に関してですが、建国時点で神社とお寺を融合させてしまったくらいで信仰を大切にしてはいますが、特定の宗派のみを推しているわけではありません。
とはいえ当初は神々も見えなくて、推しているといっても神社やお寺がある以上の事はありませんでした。
式神使いを所得して式神は見えるようになっても式神使いを戦闘で使う機会はなかったので大きな変化はなかったです。
それが変わったのは建築家を所得した辺りの事です。
建築家というのは理力使いという詠唱により攻撃する戦闘用アイドレスの派生の理力建築士をAD枠という特別なアイドレスが手に入るかもしれないという枠で伸ばした時に手に入れたアイドレスです。
能力も巫のアイドレスにしては優秀でしたが、なによりも建築能力を持っていた事です。
この能力を駆使し、電電宮や太子堂、神農神社などいくつものの神社や寺を作りました。
その中にはヴァンシスカの悪魔に関係する悪魔を祀った悪魔もいます。
108柱の悪魔のアイドレスを所得した時、都市計画も所得していた事もあり、結界で封じていましたが建築家のおかげで封じるよりも祀る事で敵意を向けあうのではなくお互いに尊重しあえる関係をと神社を作って祀り、少しずつ仲も改善していきました。
他にも敵対ACEであるクーリンガンとも仲良くしていこうとプレゼントを贈るという事もしましたが結局は神社を用意して祀る事で関係を改善しようとしました。
また犬士達のための種族アイドレスも狛犬と宗教色の強いものです。
こうして信仰を重んじていたためか、キャスリングによってたどり着いたB世界の巫では国民が神々となっていました。
他にも国民の姿が変わっている国はありましたが、それは汚染など環境が原因だろうと思えたのですが、神々になったのはさすがに環境由来ではないように思えました。
実際人に戻ってくるように頼んだら神々としてある事を選んだ者もいるものの、自力で人に戻れていました。
なので自分の意思で神々になる道を選んだという認識は間違っていない事でしょう。
みなさんの中には人ではない存在となる方もいるかもしれないので伝えておきますが、一度人ならざるものになったら簡単に戻れると思ってはいけません。
この時は神々になったといってもまだ亜神だったというのも人に戻れた理由だと思います。
人間でなければいけないなどというつもりはありませんが、軽い気持ちで選ばないように。
しっかり考えた上で選ぶようにしてください。
それでは私の国の紹介を終わります。
今日は私の話を聞きに来ていただきありがとうございました。
引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.109 Safari/537.36@59-190-6-141f1.osk2.eonet.ne.jp>
・ツリー全体表示

王犬
 藻女  - 17/7/6(木) 18:51 -
かっての藩王は犬が苦手で王犬のお世話を摂政に任せていました。
それが悪かったのか王犬が牢に繋がれていた事件がありました。
それ以来自分が怖い事を理由に相手を傷つけないよう、正しき知識で理解を深め、少しでも恐れなくてすむようにしていきました。
怯えながらも知識を得ていった結果、怖いのは本当に一部だけだったと理解し、また犬士の種族アイドレスが狛犬になった事から恐怖する事もなくなりました。
今では仲良くなろうと藩王が自身の好きな食べ物をあげていますが、好みは合わないでいるようです。
引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.115 Safari/537.36@121-80-178-49f1.osk2.eonet.ne.jp>
・ツリー全体表示

1 / 24 ツリー    前へ→
 3403
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6
連絡事項