神聖巫連盟 : 雑談用

国内業務用のほうではしづらい軽い話題などはこちらでどうぞ。 添付可能なファイル拡張子:gif, jpg, png, txt, htm, lzh, zip, csv, xls

各種連絡事項は下に表示しています。
他の掲示板
6 / 24 ツリー    ←次へ | 前へ→

みぽツリー6 みぽりん 08/11/20(木) 19:00

クーリンガンを祀る(修正2) みぽりん@神聖巫連盟 09/8/24(月) 0:02

クーリンガンを祀る(修正2)
 みぽりん@神聖巫連盟  - 09/8/24(月) 0:02 -
L:クーリンガンを祀る = {
 t:名称 = クーリンガンを祀る(イベント)
 t:要点 = 暗黒の,祭壇,邪悪なる
 t:周辺環境 = 地獄
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *クーリンガンを祀るのイベントカテゴリ = 藩国イベントとして扱う。
  *クーリンガンを祀ることによってクーリンガンは強化される。
  *クーリンガンを祀ることによってXXを得る。
 }
 t:→次のアイドレス = 邪悪なる王国(条件イベント),暗黒の大司祭藻女(条件ACE),クーリンガンの量産(条件イベント),対抗して缶の量産(×イベント)



より「邪悪なる」「地獄」「暗黒の」
=====


物事にはさまざまな側面がある。

同じ物事であっても「穏かな面」「荒々しい面」「弱気な面」「心優しい面」などにより物事の性格を形づくっている。

自然は日の恵みや海の恵み大地の恵みをもたらし、緑の木陰や爽やかな風が人々を癒す。
反面、ときとして荒々しい風や日照り、大津波、大雨、地震などの災害をもたらす。


人や神の霊魂も同じであるという考えがある。
荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)という概念がある。


荒魂(あらみたま)とは、神の荒々しい側面のことである。ときに人の心を荒廃させ争いを生み出す。神の祟りは荒魂の表れであるといわれる。神の祟りは荒魂の表れである。
和魂(にぎみたま)とは、神の優しく平和的な側面のことである。日の恵みや、雨の恵み、慈愛がこれにあたる。


荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)は、同一の神であっても別の神にみえるほどの強い個性があるために、ときとして別の神として祀られることがある。
祟り神(たたりがみ)は荒御霊(あらみたま)であり、荒魂(あらみたま)として畏怖され忌避されるものであるが、手厚く祀りあげることで強力な守護神となる。
祀ることで荒魂(あらみたま)をやわらげ和魂(にぎみたま)にかえるのである。

荒魂(あらみたま)は新魂(あらみたま)に通じ、新しい事象を生み出す原動力(エネルギー)になりうるものである。
また荒魂(新魂)は「邪悪なるもの」ではない。
力そのものに善悪はなく、人の心によって善悪がつけられるだけである。


神聖巫連盟はクーリンガンの持つ荒魂(あらみたま)の側面を新魂(あらみたま)にし、国の善き発展と国民や住まうものの幸せを願いながら祀ることにした。


クーリンガンは、カマキリに治療を施したり、子供を助けたり、また学問に秀でていることが知られている。
それはクーリンガンのなかの「和魂(にぎみたま)」の側面である。
そんなところからも、荒魂(あらみたま)の側面を新魂(あらみたま)としたり、和魂(にぎみたま)として「学問と子供の守り神」、子供達の護りとしての「護国の神」としてお祀りするのである。
国家の健やかな安定は、子供を護ることにつながるのだから。


また世界は「常世」(とこよ)と「現世」(うつしよ)があるといわれる。
現世(うつしよ)は人の住まう現実世界である。
常世(とこよ)は神の住まう国や神域とされる。


常世(とこよ)は
常世と書き、いわゆる天国であり不老不死や富や知恵をもたらす夜のない世界
常夜と書き、いわゆる地獄や死者の国、黄泉の国とされる。禍や厄災をもたらす、夜だけのいわば暗黒の世界。

という二面性をもつといわれる。
引用なし

パスワード


<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6; .NET CLR 1.1.432...@p2160-ipbfp902tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

6 / 24 ツリー    ←次へ | 前へ→
 3427
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6
連絡事項